2月後半は、お直し業務ではない方の仕事の都合で
ちょっとお休みさせていただいておりました。

ブログの更新も一回しかしてないですね…アワアワ…
今回は、久しぶりにノウハウ的なブログです。

衣装のブラ、形もサイズもまちまちです。
左右で形が均等でないことも多々。
勿論、着等の際の見え方もそれぞれ違います。
20180302
カップのボリュームも足して、
「前から見たらこんな感じにしっかり谷間も見えるのに、横から見るとなんだか胸がつぶれちゃってる…?」
そう感じる場合。原因はカップの深さだったりします。
IMG_3042
横から見るとカップの深さがあまり無くてペタッとしていませんか?
言ってみればカップが『お椀』ではなく、『深皿』な感じ。
なので、横からの着用姿がどうしても平面っぽい…

深さのあるカップに取り換えたりできれば問題ないですが
国内でそういうブラカップだけ(しかも硬いやつ)ってなかなか手に入りません。
こんな時は、カップの見た目だけ変わるように直しちゃいましょう。
IMG_3043
じゃん!

横から見たカップの深さが深くなってます。
平面感は軽減!
表地とカップの芯の外側との間に細工をしているので、
パットのボリュームには手を加えておりません。

「この部分が気になるけど、直せるのかしら…」そんなお悩みございましたら、是非一度ご相談を。
出来る限りご要望に沿えるよう、取り組ませていただいてます~

※衣装お直しご予約の流れはお直しご予約の流れをご確認ください。
※衣装お直しのご予約・お問い合わせは問い合わせフォームからどうぞ。
※ご予約可能な日程はご予約状況確認カレンダーをご確認くださいませ。

             にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ