ベリーダンス衣装、デザインは色々ですね~
「これ、どうなってるの?」ていうものもありますし
スカートがどの向きで履けば良いのか分からないものもチョイチョイw

まあ、乱暴に言ってしまうと
不自然にならなければ、どんな向きで履いても構わないと思うのですが
ご試着のお手伝いさせて頂いた時とかに、ご質問いただいたりもあったので
ちょっとしたチェックポイントを。
あくまで、「一応、この向きで作ってあるみたいですよ」ということです。

最近はインナーパンツが付いている形のものも多いので
その場合は分かりやすいですね。
「インナーパンツに左右の足をそれぞれ入れた時に、スリットが前に来る」のが正しい向きですね。
スリットは左に来る場合も右に来る場合もどちらもあります。
左側に来る方が圧倒的に多いみたいですが、「スリットが右にきていたら逆向き 」ということはありません。

次に分かりやすいポイントが
縫い合わせの位置 。

スカートの内側を見てみると
sk2
このように生地の縫い合わせ部分があります。
これが2か所の場合は、この縫い合わせが大抵左右の脇目に なっています。
なので、縫い合わせを脇に合わせ…
スリットが前に来る のが正しい向きです。

 縫い合わせが3か所だと、左右+後ろの場合が多いです。

縫い合わせが1か所の時、は他のところも考慮しないと判明しないかも…

次に見るポイントは
装飾の形。
sk1

装飾の形はこのように、三角形になっている場合。
大抵頂点が 背中心になります。
三角ほどしっかりしていなくてもカーブ状になっている場合は
一番幅が広くなるところが背中心になっていることが多いです。 

これらのポイントはあくまで目安ですよ~
複数のポイントを総合して「この位置かな?」となんとなく判別付くものもありますし。
一番重要なのは不自然じゃないか、ということです。
流石に一つしかないスリットが後ろにきていたらおかしいぞ、みたいな。

作りは右スリットでも
「左スリットの方が良いのに!」と思ってスカートをスリットを左にして履いたとしても
不自然でなければ、それで全然問題ないと思います~ 

快適な衣装ライフのために、どうぞご参考に。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ