衣装に関するお悩み、本当に様々です。
「大きい~」「小さい~」etc.
以前短いアームを大きくお直しする記事を書きましたが> ベリーダンス衣装 短くて腕にはめられないアームもパーツ追加で着用可能に!
 今回は、逆にサイズが大きかったもののお直し。
 355
よくあるタイプの筒状のアーム。
ガバガバという感じの大きさの場合は完全に縫い直して詰めないといけませんが
「そんなに緩いというわけでもないけど、微妙に落ちてくる…」
そんな時のお勧めは、アーム上部だけにゴムを取り付けて腕にフィットさせる方法~
356
アームを裏返し、裏側にゴムを縫い付けます。
 357
細いゴムを使って縫い方は千鳥掛けで。
勿論、端を折り返して縫いって中にゴムを通す方法でも大丈夫ですが
刺繍がしてあったりするとちょっと面倒なので、外から付けてしまった方が楽。

千鳥掛けの縫い方は以前の記事 >ベリーダンス衣装 ゴムのウエストを縮めてフィット感アップさせる方法
に載せてあります!
358
ぐるっと一周ゴムを付けます。
 359
表に返すとこんな感じ。
ゴムの効果で腕へのフィット感アップ!
上下の端にゴムを付けなくても、ちょっと緩いぐらいなら片側だけでOKです。 

※衣装お直しご予約の流れはお直しご予約の流れをご確認ください。
※衣装お直しのご予約・お問い合わせは問い合わせフォームからどうぞ。
※ご予約可能な日程はご予約状況確認カレンダーをご確認くださいませ。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ