ブラカップの上部の浮きと対処法については以前の記事>ベリーダンス衣装 ブラ上部の浮きにはカップを引き寄せるのが重要
でも書きましたが、そこで紹介した方法だとブラカップが特殊な形の場合は 対応が難しい場合も。
例えば、こちらのブラ
 repaire34
端がデザイン的にギザギザになっているもの。
最近はあんまり見ないかも、ですが…
これだと、補助布を付けてカップを引き寄せようとしても
どうしてもカップの端全体が一気に引き寄せられないのです。
かといって、ギザギザ部分に個々に補助布付けて引っ張るわけにもいきません。

ということで、ワイヤーを端に縫い込むやり方で!
方法としては前記事> ベリーダンス衣装 倒れてしまうレース装飾にはワイヤーを縫い付けると良し
と同じですね。
repaire35

 縫い込むワイヤーはちょっと太めのしっかりしたものの方が、効果あり。
細すぎるとカップの芯に負けてしまって役に立ちません。
 repaire36
ブラカップの端に沿ってわーやーを縫い込みます。
 repaire37
ぐるっと。
repaire38
 左がそのままの状態。
右はワイヤーを縫い込み、端を内側に寄せた状態です。
ワイヤーのお掛けでカップの端を内側に寄せた状態でキープできるようになるので
上部が浮いて中が見えそうになるのも、防止 出来るようになります~

※衣装お直しご予約の流れはお直しご予約の流れをご確認ください。
※衣装お直しのご予約・お問い合わせは問い合わせフォームからどうぞ。
※ご予約可能な日程はご予約状況確認カレンダーをご確認くださいませ。

にほんブログ村 演劇・ダンスブログ ベリーダンスへ 
AD

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット